三重 孤独

私は現在三重県に住んでおります。
縁もゆかりもありませんが、何故かここに居を構えました。
しかしながらこれが縁があるということなのかもしれません。

やっとインターネットも接続されましたが、
使わなかった一ヶ月、必要にせまられることもあまりありませんでした。
ひょっとしたら必要ないものかもしれません。
テレビは購入していないのですが、なくとも不便さは感じません。

パソコンやインターネット、テレビなど
企業の営利目的での便利なサービスが普及し
それに対価を払う事が常識となっていますが、
もしそれらがなかったら、逆に支払いが減り、
多少なりとも豊かな生活ができるのかもしれません。

昨日は三重県で地元の方々と呑みました。
よい方々ばかりで、楽しい酒の席となりました。
最近のプライベートの生活は、孤独で、だから余計こんな席が嬉しいのですが、
しかしながら、それが力になっているように思えます。
独りの時間は、深く心をみたり、思慮する時間が与えられます。
単なる強がりです。
ゴールデンウィークが恐ろしい。   

多くの人のなかにいると最近はエゴが減り、
正しくは隠れているだけ?、
空気のようになっています(他者からみると全然違うかも)
芸術作品をつくるということは、エゴを育てること、
もしくはそれと戦うことかもしれません。
引っ越してまもないので、制作しておらず
それを感じます。

またよく造ることは楽しいでしょ、と質問されますが
実際は、生みの苦しみとでもいうのでしょうか、
常に苦しみます。
じゃあなぜやるの?
なんで彫刻をやるのか自分でも分からないからです。

窯を近年のうちにつくろうと決めました。
[PR]

by persona272005 | 2008-04-29 18:13  

<< 新緑の季節 生きています >>