<   2007年 03月 ( 5 )   > この月の画像一覧

 

さようなら

さようなら、さようなら

タバコ。
10年以上君にはお世話になりました。
辛いとき気分を紛らわしてくれました。
徹夜の仕事の時は大活躍してくれましたね、寝なくても君のおかげで平気でした。
最初はハイライト、昔の君はとても安かった。
次はセブンスタ−、君はとても良かった、たまにホープに浮気はしましたが。
臭いからといわれキャスターマイルドを長く伴侶にしました。
最後に中南海、君はタバコなのに漢方が配合されていてとてもすばらしかった。
しかも1mmなのにとてもがつんとくる、おいしかった。

でもさようなら。

だって、
口が臭いって言われるし、
朝起きた時の部屋の臭いはたまらないし、
最近心臓が痛いし、
喉は苦しいし、
年々、体に悪いってパッケージの広告がでかくなって、かっこわるいし、
1年で20万以上かかるし、
毎日同じ人がタバコを玄関先にポイ捨てするし、
新幹線全面禁煙になるし、
前禁煙したときのニコレットがまだ2箱余ってるし、

ぼくは卒業します。
ブログで公表します。
今度こそ、絶対禁煙します。
さようなら、中南海


a0039504_232069.jpg


下の写真はよく似ていますが、僕ではありません。
Hさん。
僕のざんぎり頭をほめてくれました。
2人でアサヒのドラフト本生、16本呑みました。
この発泡酒は旨い!
でも、呑み過ぎでしょ。
因に彼も巻き添えで、禁煙します。
ブログで公表してしましました。
a0039504_2324213.jpg

[PR]

by persona272005 | 2007-03-16 23:25  

奈良六大寺大観

画家のこまさんより荷物が届く。
先日連絡があり本をあげる、とのこと。

段ボール箱を開けると大きな本が三冊。
奈良六大寺大観のうち
唐招提寺、東大寺、法隆寺である。

仏像の背面からの写真もあり、非常によい資料。
たいへん見応えがあり、写真の良さ云々というよりも
精緻な仏像の資料である。

なにか、あんた彫刻をやんなさい!と言われているような気がした。
今日ざんぎり頭になる。
a0039504_14181682.jpg

[PR]

by persona272005 | 2007-03-14 14:18  

大豆タンパク

暖かくなり灯油はもういらないと思いきや、春の足音は遠のきまた灯油を購入。
新幹線の切符を購入し、船舶乗船券もかなりのルートを購入。
旅行行程は近日公開予定。

田中君とビルさんと食事に行く。
2100円のコースでメニューは
棒々鶏
イカの炒めもの
牛肉と大根の煮物
すぶた
魚のフライ、チキンのフライ、大根餅の盛り合わせ
五目チャーハン
デザート

ベジタリアンのビルがいるのに何故このメニューかというと
すべて大豆タンパクでできていて、いっさい肉や魚を使っていないとのこと。
大豆タンパクは一見干したイチジクのようなもので固そう。
作り方は不明。
それを似たり焼いたりして上記の料理にしている。
料理のトロンプ・ルイユみたいなものでベジタリアンだけでなく
コレステロールを気にする人にも注目されているらしい。

かなり手間がかかるだろうに値段は安い。
味や食感はというと、ほとんど本物と区別できない。
ベジタリアンに肉を食わしているようで、なにか罪悪感があった。
なぜか勝ち誇ったような気分も味わえた。

いつもビルと呑みにいくとき、食べるものがあまりなく悪いなと思っていた。
ビルが旨そうにたくさん料理をたいらげてる姿は
自画自賛だが、僕のアトリエで宴会をしたときにつくった
ピェンローという中国料理を食べているとき以来見た。

そのレストランに赴くまえに、旅行のためのワクチンを打つ。
A,B型肝炎と、破傷風。
今日は友人と呑むつもりだったが、
注射が終わった後、医師にお酒はだめだと告げられる。

私「4時間半後に呑むからいいですよね。」
医師「やめておいたほうがいいですよ。」
私「ビール一杯ならいいですか。」
医師「だめですよ。」
私「呑みたいんですが。」
医師「だめです!」

ビルが旨そうに生ビールを2杯呑むのを見て耐えられなくなった僕は
食事のあとノンアルコールビールを買うために、コンビニ探しのために2人を連れ回す。

結局見つからずに意気消沈しロッテリアで100円バーガーとビールがわりのコーラを飲む。
せっかく野菜も酒も採らなかったのに、最後で意味がなくなる。
健康生活は難しい。

因にレストランは錦糸町の純台湾 素食 苓々菜館という店。
田中氏が発見する。

今日はワクチンを打ったので大事をとって風呂に入らず寝る。
ただの面倒くさいの口実。
[PR]

by persona272005 | 2007-03-14 00:48  

国立

国立に来ました。
10年間東京にいて多分訪れるのは初めて。
狭い東京でも訪れたとこがない場所はたくさんあって、
そんな全てを見れないまま離れてしまうのは悲しいことです。

人との縁もそんなもので
大事にしたい気持ちでいっぱいです。
[PR]

by persona272005 | 2007-03-11 22:30  

田谷の洞窟

10年ぶりぐらいでしょうか、久々に田谷の洞窟をおとずれました。
鎌倉時代開創の修験道場で、巨大な一枚岩を彫り空間を造っています。
壁面にはレリーフが彫られ、洞内に無数の鑿跡が残されています。
その鑿跡を見ると当時の修験者の祈りが伝わってきます。

普段は素材を形にするような仕事をしていますが
彫って空洞をつくる正反対の感覚が
ネガとポシの関係のようで新鮮でした。
しかしながら四方八方からの無数の鑿跡を見ていると、
自分の彫刻への力の無さを感じてしまいました。
[PR]

by persona272005 | 2007-03-03 12:10