34日目

内刳(うちぐり)を施しました。
像内部を刳り取るのを内刳と言い、
内刳りを行なうと像に空洞が出来て軽くなるだけでなく、
木の内部と外部の乾燥状態の違いから起こる木割れも防ぎます。
像に穴を開けそこから刃物で内刳りでは完全にはできません。
古い仏像では割矧造(わりはぎづくり)を用いています。
割矧造は完成した像を楔で頭上から前後に割って刳り抜きます。
これだと完全な「内刳り」が出来ます。
しかし檜など木目がまっすぐなものでしかできなく
僕は樟材を使っているので
このような方法をとっています。
a0039504_1282759.jpg
a0039504_1283822.jpg
a0039504_1285055.jpg

[PR]

by persona272005 | 2006-06-25 12:09  

<< 制作39日目 制作31日目 >>