制作55日目

人間関係

以前、彫刻家のo越さんと呑んでるとき
「彫刻がどれだけ大事でも、両親や家族のほうが大事だ」
といわれ心に残っています。

もし彫刻家が、技巧に長け、美しくすばらしいものをつくれば
人格なんて関係ない仕事であれば、僕は全く興味を持ちませんでした。

哲学的で生命にふれていて、
そんな仕事から生まれる人間性に興味をひかれ、今に至りました。


人それぞれですが
孤独を紛らわすためにくだらない娯楽があって
そんな一瞬で消え去ってしまうものを
文化と思っていて

自分の時間を大事にするとか
趣味を大事にするとか

ぼくは人として、周りの人間と大事なことがあれば
そっちを優先するべきだと思うし

そんな自分の勝手で失った友人も多くいて
後悔しています。

逆に人にたくさん助けられたこともあります。

とても面倒くさがりやの自分は
面倒くさがって後悔したことがあるので
面倒くさいという感情になるべく流されないように
それをしっかりと見極めようとしています。

親の腹から生まれ
最初から独りではなにもできませんでした。

人の縁はとても大事。



今日の悲しい日に。
[PR]

by persona272005 | 2006-07-30 18:33  

<< 制作57日目 制作54日目 >>